女性用媚薬のプロが女性用興奮剤や女性精力剤をまとめてみた

女性用媚薬とは?

女性用媚薬とは?

女性用媚薬とは、江戸時代では「惚れ薬」の名ですでに日本にあったと言われています。大きく分けて塗る・飲む・香水の3種類があり、それぞれ特徴が分かれています。塗るタイプは性交時向けで、マンネリ感のある性交を盛り上げるのに役立つもの。クリーム状の女性用媚薬を直接女性器に塗ることで即効性があり強い快感を味わえます。飲むタイプは漢方薬が主成分で血行を促進したりホルモン分泌を促進する成分が配合されています。効果があらわれるのに時間が掛かるので飲むタイミングが大事です。香水タイプはバラやジャスミンの香りが多く、気分を高める効果があります。副作用の心配が一番少なく手軽に使えます。

女性用媚薬の効果

女性用媚薬の効果

女性用媚薬には、女性の性欲を増進させる効果があります。女性用媚薬に最も多く含まれているものとして、動物由来の天然成分を挙げることができます。この成分には滋養強壮作用があり、加えて性ホルモンの分泌促進作用もあります。これらの点については、医学的に証明されています。飲むタイプの媚薬の成分には、体内環境を改善してもらえる利点があります。しかし、即効性という点においては、塗るタイプの媚薬のほうが優れています。

女性用媚薬の飲み方・使用方法

女性用媚薬の飲み方・使用方法

女性用媚薬にはクリームタイプ、錠剤タイプ、液体タイプなどのタイプがあります。この中で、最も一般的に普及しているのが飲むタイプです。漢方薬でも使われる生薬成分が含有されているので飲むタイミングが重要です。空腹時の食前30分前がベストで、飲み方は直接あるいは水などに垂らして飲みます。塗るタイプの使用方法は、クリトリスや乳房、うなじなど性感帯に塗ると効果的です。マッサージをしてあげながら、気が付かぬうちに塗るのがコツです。

女性用媚薬の副作用

女性用媚薬の副作用

医薬品成分が配合された女性用媚薬を服用した場合は、副作用のことも考えておかなければなりません。海外製の安価なものは要注意で、厳しい薬事法のある日本製は比較的安心だと言われています。しかし医薬品ですから個人差はあっても副作用を起こす危険性は決してゼロではありません。主なものは体重低下、神経過敏、頭痛、四肢の痛み、関節痛、かゆみ、食欲減退、脱毛などがあります。ただ、これらの症状は過剰摂取によることが多く、用法、用量を遵守して服用すればほとんど問題ありません。一般的な副作用を挙げましたが、既往症があるなどの心配がある方は、医者に行って相談の上、服用するようにしましょう。

女性用媚薬の成分

女性用媚薬の成分

ただ血流を促進するだけでなく、女性ホルモンではなく男性ホルモンを数多く含んでいる事が多いのが、近年人気のある女性用媚薬の成分の特徴です。トンカットアリなどはテストステロンという、男性ホルモンの分泌を促す効果が期待されており、女性用媚薬の原材料としても人気があります。マカなども男性ホルモンの分泌の活性化が期待できる原材料として、女性用媚薬の成分に選ばれている事が多いです。普段からホルモンバランスが崩れやすい生活を過ごしている人ほど、男性ホルモンが増えた時の効果を実感しやすくなります。