女性用媚薬はリスクがある?女性用媚薬の副作用とは?

女性用媚薬の副作用について

女性用媚薬の副作用について

精力剤やED治療薬といったサポートアイテムを利用してセックスを楽しむ男性が近頃増えつつあります。長時間労働とストレスフルな社会環境、頑張って真面目に働く男女程、実はセックスを楽しむ余裕を失っています。

それでもパートナーがいれば、やはりセックスは普通に満喫したいものです。体と心が少し疲れていても精力剤やED治療薬、そして媚薬の力を借りれば良いコンディションになり、充実した気持ちでセックスが味わえます。

最近では男性向けのサポートアイテムだけではなく、女性用媚薬という製品もあります。文字通り女性用の媚薬であり、セックスを始める前に服用すれば、より性行為を楽しめる体質に改善出来る製品です。

媚薬は元々男性向けでしたが、最近では男性のようにセックスを楽しみたいという女子の声も広がってきており、また不感症に悩む人々が改善策として、女性用媚薬を真面目な目的で利用する事が増えてきました。

女性用媚薬の使い方ですが、男性の媚薬やED治療薬等と同じです。セックスを始める60分前にお水と一緒に服用します。小さな錠剤なので、普通の女性でも水さえあれば、風邪薬やサプリメントを飲む感覚で正しく摂取可能です。

お薬の効果は30分から60分程で現れます。女性用媚薬には性感帯の感度を引き上げる効果があり、また膣を刺激された時、潤滑油が溢れるように出やすくなる、といった効果も備わっています。

性感帯を男性から愛撫される事で激しい快楽が味わえるようになり、乳房を触られるだけで体が敏感に反応するようになるでしょう。

またクリトリスや膣を僅かに刺激されるだけで、潤滑油が泉のように湧き出します。潤滑油が溢れる事で男女双方の満足度がアップし、セックスの喜びが再び実感出来ます。

ただし、女性用媚薬には副作用があります。男性用のED治療薬と似た副作用が現れます。服用した後、気分が少し悪くなる事があります。

また頭が痛み始めたり、消化不良が起きたり、体や顔が少し赤くなってしまう等、気になる副作用が生じていきます。更に立ち上がった時にめまいを感じたり、鼻水が増加してしまう等の症状も出ます。

更に媚薬ですので、服用した後、精神的に興奮状態になる副作用もあり、普段は奥手な女性がセックスに強い関心を抱く状態に変わる等、メンタル面の変化も見られます。

ただ、媚薬自体に大きな危険性はありません。指定された用法と用量を守って、プライベートな場所で服用すれば、セックスをより楽しくしてくれます。